葬式の喪主挨拶・弔事は例文より挨拶代筆(代行)を利用すべき

ライフハック

・喪主の挨拶を考える時間がない

・弔事を頼まれたのだけど何を言えば良いか分からない

・喪主の挨拶、弔事など言葉がそもそも良く分からない

 

身近で突然の不幸があると、心の整理も不十分なまま葬式の準備に忙殺されてしまいます。

 

争議の準備は葬儀屋との連絡、場所の確保、親戚への連絡に出欠確認など大変なことばかりで後回しにしがちなのが喪主の挨拶や弔事の用意です。

 

そこでこの記事では、少しでも喪主の挨拶や弔事の準備負荷を軽くする方法をご紹介します。


スポンサーリンク

葬式の喪主挨拶・弔事(お悔やみ)の違いは何か

 

まずはそもそも喪主の挨拶と弔事は何かについてご説明します。

喪主の挨拶とは

 

喪主の挨拶とは、故人の妻や息子などが遺族を代表して葬儀に参列してくださった方に対してする挨拶です。

 

故人の妻や息子が亡くなっていたり若かったりする場合は親戚などが代行することもあります。

 

もし、することになった場合は葬儀の準備も大変ですが喪主の挨拶も重要なためしっかり準備する必要があります。

 

喪主の挨拶では以下のような内容を述べることが一般的です。

 

・葬儀にお越しいただいた方への御礼

・故人と生前懇意にしてくださったことへの御礼

・故人亡き後も遺族に変わらぬ支援をお願い申し上げる

 

親戚・友人からの弔事(お悔やみ)とは

 

喪主から選ばれた親戚や友人が行うスピーチを弔事と言います。

 

弔事を依頼された場合は余程の事情が無い限りは快く引き受け、しっかり挨拶をすることが礼儀です。

 

弔事では以下のような内容を述べることが一般的です。

 

・故人との別れを悲しむ言葉

・故人と生前紡いだ思い出を引用しつつ故人を称える

・残された遺族への配慮の気持ちを伝える

 

また、遺族への配慮を伝える部分以外は故人へ語りかけるような口調でも問題ありません。

 

喪主の挨拶や弔事を例文から作るのは避けるべき?

 

インターネット上に喪主の挨拶や弔事の例文が良く記載されています。

 

ネットの例文を参考に挨拶を作っても問題ありませんが、忌み言葉の使用が不適切であったり、構成や敬語が間違っていたりする例文があるのも事実です。

 

また、例文を参考にし過ぎると内容をネットからコピーしてきた物だと出席者に気付かれてしまう、かといって時間をかけて丁寧に作成するほどの時間もないでしょう。

 

そこでおすすめなのが葬儀挨拶代筆店です。

 

喪主挨拶や弔事は葬儀挨拶代筆店に依頼がおすすめ



葬儀挨拶代筆店とは何か?

 

葬儀挨拶代筆店とは、作成に時間と労力を要する喪主の挨拶や弔事を代筆してくれるサービスです。

 

会社とサービスの概要は以下になります。

サイト/サービス名葬儀挨拶代筆店
運営企業合同会社ドーゴ
住所京都府京都市北区紫野雲林院町35-4 三越ビル401
支払方法銀行振込・クレジットカード対応

 

あくまで代筆なので、ネットのコピーではないオリジナルの喪主の挨拶や弔事を作ることが可能です。

 

気になるのは代筆が上手いのか、という点ですが、既に2,000件を超える実績があるので心配は不要です。

 

また、葬儀挨拶代理店が実施したアンケート調査(2017年時点調査)では92%の人が代筆サービスに満足と回答しています。

 

代筆で無礼喪主の挨拶や弔事を作るのは無礼?誰かにばれない?

 

エピソードなどを提供し、喪主の挨拶や弔事をあくまで代筆してもらうだけのため、無礼には当たりません。

 

また、素人が作る喪主の挨拶や弔事よりも確実にマナーを把握した人が作成してくれる人が代筆してくれるため、礼儀の点はむしろ安心です。

 

そして、儀挨拶代筆店とのやり取りはメールで可能なため、第三者にばれる心配はありません。

 

葬儀挨拶代筆店への頼み方や料金は?

葬儀挨拶代筆店への依頼の流れ

 

まずは葬儀挨拶代筆店にアクセスし「今すぐ申し込む」をクリックします。

 

ここからは3つに分かれますのでそれぞれご説明します。

 

・メールの場合(おすすめ)

①.画面下の方の「メールで申し込む」をクリック

②.必要事項を記入し、送信をクリック

③.葬儀挨拶代理店からの返信を待ち必要に応じてやり取り

 

・FAXの場合

①.画面下の方の「FAXで申し込む」をクリック

②.PDFまたはワードファイルをダウンロード、印刷し必要事項を紙面に記入する

③.紙面をFAXで送信する

④.葬儀挨拶代理店からの返信を待ち必要に応じてやり取り

 

・電話の場合

下の方の「FAXで申し込む」をクリック

記載されている電話番号に電話し相談する

※電話対応は10時~18時のみになるためご注意ください

葬儀挨拶代筆店の料金体系

 

葬儀挨拶代筆店の料金体系は以下の表のようになっています。

 

7日後納品3日後納品24時間以内納品
料金13,000円16,000円22,000円

 

代筆の納期設定次第で必要な料金が変わるシステムになっており、7日前なら13,000円で依頼可能です。

 

お金はかかってしまいますが、24時間以内の対応も依頼可能なため、急な依頼にも対応してくれる点はとても安心感があります。

 

葬儀の前は準備でかなり忙しくなるため、忙しくなる前に葬儀挨拶代筆店に依頼することをおすすめします。

 

まとめ

・葬儀の前は忙しくなり、喪主の挨拶や弔事を考える時間が不足しがちです。

・ネットの例文を参考に挨拶や弔事を作ると、言葉の使い方やマナーが間違っている場合があることに加え、ネットのコピーだとばれてしまう可能性もあります。

・喪主の挨拶や弔事はプロに代筆を依頼してしまうのがおすすめです。

お葬式の喪主挨拶に困ったら「葬儀挨拶代筆店」

コメント

タイトルとURLをコピーしました