【口コミ・レビュー】グレコのG-FLOWのメリット・デメリット

ベビーグッズ

・グレコのチャイルドシートG-FLOWのリアルな詳しい口コミが知りたい

・なぜグレコのチャイルドシートG-FLOWを選んだの?

・使ってみて感じたグレコのチャイルドシートG-FLOWのメリットとデメリットは?

みみ
みみ

このページは上記のような疑問におこたえする内容になっています

チャイルド(ベビー)シートはコンビ・リーマン・アップリカなど、様々なメーカーが販売中です。

そのため、中でもグレコのチャイルドシートG-FLOWが気になるのだけど口コミ・使い心地はどうなんだろう…という方も多いと思います。

そこでこのページでは、グレコのチャイルドシートG-FLOWの口コミと実際に使ってみて感じたメリット・デメリットなどをご紹介します。

まめくま
まめくま

今回の口コミは「4chiami」さんからいただきました

4chiamiさん
  • 7ヶ月のお子さんのママ
  • 活発なお子さんなので歩行器・ウォーカーのレビューに詳しい

グレコのチャイルドシートG-FLOWを選んだ理由

わかりやすいよう前向きにしています

ベビーシート(チャイルドシート)を買おうを思ったきっかけは退院時に車で帰宅する必要があったためです。

新生児をずっと抱いて帰るのも大変だろうなと思い、何が良いか探し始めました。

当初は、トラベルシステムというベビーカー、チャイルドシート、ベビーチェア、ロッキングチェア、ベビーキャリーを兼用できるものを見つけ購入を検討しましたが、お値段面で断念。。。

≫トラベルシステム(マキシコシ)のレビューを見る

そのあとにグレコのチャイルドシートG-FLOWを見つけ、コスパがとても良いと感じ購入しました。

まず、お値段が他のチャイルドシートに比べて圧倒的に安いです。

定価が1万円台前半でネットで購入できる商品のため、サイトによってはかなりお得に購入することができます。

さらに安いだけでなく、新生児から4歳頃までOKと長期間使用可能&安全保証しっかりです。

まめくま
まめくま

0歳〜4歳までの5年間使えて安いとなるとコスパ抜群ですね

みみ
みみ

日本国内のすべてのチャイルドシートに適合されるヨーロッパの安全基準「ECE-R44/04」をクリアしています

グレコのチャイルドシートG-FLOWを使ってみてのメリット

チャイルドシート選びの参考になれば嬉しいです
  • 乗り心地が良さそう(良く寝ている)
  • 軽くて取り付け・取り外しが簡単
  • シートカバーは外して洗える
  • メッシュ生地で蒸れない

乗り心地(座り心地)が良さそう

わかりやすいように前向きにしています

お買い得な値段設定ではありますが、きちんと安定してうちの子は座ることができています。

また、車に乗ってしばらくすると、中々座り心地がいいのかすぐに寝てしまうことが多いです。

クッション付きではあるものの値段的に使い心地は少し心配だったので嬉しいポイントでした。

まめくま
まめくま

寝てくれるくらい気持ちいいなら座り心地は安心ですね

軽くて取り付け・取り外しが簡単

グレコのG-FLOWは結構大きめに見えますが、総重量が5.8kgとチャイルドシートの中ではそこまで重くない方です。

意外とチャイルドシートは付け外しする機会が多い場合もあるので、女性でも(私でも)軽々持てる重量な点はとても良いと思います。

みみ
みみ

シート自体を洗ったり車内清掃の時だったり意外と付け外しの機会は多いです

また、私は最初わからなく旦那にやってもらってしまいましたが、取り付けもあまり複雑でなくほぼシートベルトを使い固定する作業なので慣れれば簡単です。

簡単につけられますが赤ちゃんを固定するベルトはしっかりしたつくりで衝撃も軽減できそうなので安心しています。

シートカバーを外して洗える

軽くて取り付け・取り外しがしやすいのでちょっとした清掃も簡単なのに加えて、シートカバーを外して洗えるので衛生的で良いなと思っています。

よだれがたれてしまうなどでどうしてもチャイルドシートは汚れてしまいますが、シートカバーを洗えるのでそこまで気になりません。

まめくま
まめくま

一応、手洗いに限るとなっているので注意してください

メッシュ生地で蒸れない

安価なチャイルドシートなので赤ちゃんの温かさで蒸れてしまうかとおもいましたが、メッシュ生地のおかげか今のところ蒸れは感じません

シートをすごくアップにしたところ

よく車のシートも似た構造になっていますが、グレコのG-FLOWの表面はあみあみのような生地になっていました。

また、調べてみて知りましたが、下記の部分が通気孔のような役割をするので湿気がこもりにくくなっているそうです。

グレコのチャイルドシートG-FLOWを使ってみてのデメリット

ここまで良い点をご紹介してきましたが、ちょっとグレコのG-FLOWには気になった点もあるので正直にご紹介します。

グレコのG-FLOWは対象年齢が0歳の新生児期〜4歳頃となっていますが、角度が厳しいため新生児には厳しいと思いました。

3段階のリクライニング機能があるのですが、正直チャイルドシートの曲がり方がそこまで大きく変わらないです。

左が立てた角度・右が寝かせた角度

チャイルドシートの下に入れる付属の台でシート自体の傾きをもう少し出すことはできますが、背もたれと座面の角度がそこまで変わりません。

そのため、角度が急すぎて退院時はそのままではとても使えず、苦しそうになってしまいました。(結局抱っこで帰りました)

病院を退院するときにすぐに乗せて帰るためのチャイルドシートを探している場合、正直グレコのG-FLOWはオススメできないので、もっと平面になるトラベルシステム対応のチャイルドシートなどをオススメします。

≫トラベルシステム(マキシコシ)のレビューを見る

また、頭や背中にタオルをなど入れて平面になるようにしてあげれば使用できますが、毎回調整しなければいけないので大変でした。

【口コミ・レビュー】グレコのG-FLOWのメリット・デメリットのまとめ

遠出をしたり、退院時のチャイルドシートが欲しいんだ!という方は正直もっと平面になるチャイルドシートを購入してあげた方がいいです。

ただ、もう少し大きくなってからチャイルドシートの購入を検討し始めた、という方にはコスパの観点からグレコのG-FLOWはとてもオススメできます。

タイトルとURLをコピーしました