クラウドワークスのライティングは稼げる?【収益実績(時給)と注意点】

ブログ運営

・クラウドワークスってどれくらい稼げる?具体的に何をした?

・ライティング案件を探す時の注意点は?

最近副業を解禁する企業も多くなってきたため、始めて見ようかと考えている方も多いと思います。

中でもクラウドワークスは副業の代名詞とも言えるほどいまや有名なサービスのため利用者も多いですが、上記のことが気になりまだ始めていない…という方も多いです。

そこで、このページでは実際にクラウドワークスのライティングで稼げた実績や、案件を受注するまでの流れ、その際の注意点などをご紹介します。

クラウドワークスのライティングの収益実績

まず実際にクラウドワークスのライティングでどのくらい稼げるのか、例として私の場合は以下のグラフのような収益実績になりました。

ライティング収益実績
1ヶ月目
約6,300円
2ヶ月目
約18,000円
3ヶ月目
約30,000円

※システム管理費(手数料のようなもの)を除いたあとの金額で100円未満は四捨五入

みみ
みみ

なかなか頑張ったんじゃないでしょうか!

その時の案件、かけられる時間などは人ぞれぞれですが少しでも参考になるように月別にもう少し詳細にご紹介していきます。

ライティング1ヶ月目収益:約6,300円

まず、クラウドワークスに登録するかで悩みました。

まめくま
まめくま

これはかなりもったいない…!

その時知らなかったのですが、クラウドワークスは会員登録自体は無料で月額料金は1円もかからないんですね。

なので、今このページを悩みながら見ている方はまず登録してライティング案件を眺めてみることを強くおすすめします。

≫クラウドワークスに無料会員登録する

いざ登録してみると以下の画像の2個めの案件のように初心者歓迎や、実績不要の募集もあり気兼ねせず応募することができました。

ただ、文字単価が高額(だいたい1.0円以上)なものは応募者も多く最初はあまり受注できませんでした。

ただ、応募することは無料ですし案件を取れなかったといってデメリットは1つも無いので様々な案件に応募することをおすすめします。

ちなみに、作業時間は土日に2.5時間程度ずつ費やしていましたので、月平均の時給は315円くらいでした。

まめくま
まめくま

最低賃金に全然届いてない…!

みみ
みみ

でも1ヶ月なんて始めたばかり。諦めるにはまだ早いよ!

ライティング2ヶ月目収益:約18,000円

1ヶ月目はライティング実績が皆無(クラウドワークス上での受注実績がゼロ)のため、文字単価0.5円より上は受注できない状態でした。

しかし、2ヶ月目以降は少ないながら実績ができ始めたせいか、文字単価0.6円~1.0円程度の案件も受注できるようになりました。

まめくま
まめくま

今は発注する側になって思うのですが、あまりに少ない実績はちょっと不安です

また、1ヶ月目はがむしゃらに色々な案件に応募して苦手なジャンルの案件をライティングすることもありましたが、2ヶ月目からはジャンルを少し絞りました。

1番おすすめなのは「自分が詳しいテーマ」ですが、ない場合も多いのでせめて「自分が興味のあるテーマ」に応募するようなイメージです。

作業時間は平日に1時間、土日に3.5時間程度ずつ費やしていましたので、月平均の時給は380円程度になりました。

みみ
みみ

まだまだ時給換算すると悲しいですが1ヶ月めより良くなると嬉しいですね

ライティング収益3ヶ月目:30,000円

2ヶ月目の終わりの頃に、文字単価1.0円で継続発注してくれるクライアントに会うことができ、効率が劇的に向上しました。

継続案件かどうかはよく案件募集の中に書いてあるので、もし余裕があれば重点的に狙ってみても良いと思います。

また、継続案件はスカウトとして毎週(ここは発注側で色々)案件をまとめて提示してもらえるようになるので、自分で案件を探す手間が減り、ライティングの効率が一気に上がります。

まめくま
まめくま

良いクライアントとの出会いがあると一気に変わるよ

作業時間は平日に1.2時間、土日に4時間程度ずつ費やしていましたので、月平均の時給は530円程度になりました。

≫クラウドワークスに無料会員登録する

時給を改善できるかも!
ライティングの時給低い…と感じた方へ

ライティングは「作業」なので高時給は正直、専門分野の知識が無いと厳しいです。

専門知識が無い…という場合、私のように「運営する側」つまりサイトを持ち記事を発注する側になるという手もあります。

専門知識不要で軌道に乗れば発注→アップロードの作業に集中し時給を追い求めることも可能です。

サイト作りはエックスサーバーなどの専門サイトが詳しく紹介しているので興味のある方は見てみてください。

クラウドワークスでライティングをする時の注意点

ここからは実際にライティング案件を受注する際の注意点をご紹介します。

実際に今までライティングを受注するという体験を経た内容のため、是非参考にしてください。

クライアント(発注者)の評価を確認する

クラウドワークスは仕事の完了時に受注者・発注者がお互いを評価します。

そのため、募集実績が多く、評価の高いクライアントはそれだけ多くの案件で高評価を得ているため信頼度が高いと判断できます。

なかには無茶振りな要求をしてくるクライアント(納期を急遽短縮・応募した時より低い文字単価で提案してくる)もいますが、評価が高めの方ならほぼ避けられると思います。

みみ
みみ

文字単価1.0円とあったのにやり取りの中で文字単価0.2円で逆提案された時は流石に?で頭がいっぱいでした

文字単価0.1円以下案件は避けても良いかも

具体的には、2000文字×10記事で500円の報酬(文字単価0.025円)で低い報酬だけどライティングについて教えるのでその指導分と思えばお得、などといった案件が多くなっています。

オススメしない理由は、①指導内容にムラが生じやすい、②実績が積みにくい、の2点です。

まず、ライティング指導は正直、内容が講師役の人に強く依存します。

あまりに酷いレベルでなければ他の案件を受注して、手直し(ここをこう直して、などはそこそこある)を受けたほうが良いかな、と私は思います。

もし本当にライティングをしっかり勉強したい場合は、キチンとしたライティングスクール・講座の利用をオススメします。

まめくま
まめくま

でも、実績は積めるんじゃないの?

と、思われると方が多いと予想しますが、目に見える実績は少なくなります。

どういうことかというと、2000文字×1記事の案件を10回こなすのと、2000文字×10記事の案件を1回こなす時、書く文字数は一緒ですがこなした案件数は違う、ということです。

どうしても発注側(クライアント)はこなしてきた案件数と評価でしかワーカーを見ない場合が多いので、実績数を詰めないのは不利になります。

最初は構成案有の案件がオススメ

ライティングの案件はキーワードだけ指定してあとはライターに全てお任せや、目次(構成)まで指定して文章のみライターに任せる、などの種類があります。

まだライティングを始めたばかりの場合は、構成案有の案件をおすすめします。

理由は構成を考えるのは多少ライティングに慣れる必要があることと、構成案作成の段階でクライアントと折り合いがつかない場合もあるためです。

みみ
みみ

ここは記事の出来の根幹を左右する部分でSEOの知識など求められることもあるから要注意です

楽天銀行で手数料削減

ここはお好みの部分ですが、報酬の振り込み手数料が他銀行だと500円かかりますが、楽天銀行なら100円で済みます。

折角頑張って稼いだ報酬が振り込み手数料に削られてしまうのは不本意なので不都合が無ければ楽天銀行の口座を開設しましょう。

クラウドワークスのライティングは稼げる?【実績と体験談】のまとめ

・クラウドワークスのライティングでは個人的な実績ですが、始めた月は6,000円程度、3ヶ月目で30,000円程度を目指すことが可能です。

・ライティング案件を探す時に注意点はクライアントの評価を確認すること、0.1円案件には気をつけること、構成案有の案件の方がやりやすいこと、楽天銀行の口座を用意した方が手数料がお得なことです。

タイトルとURLをコピーしました